007.歯が大量に抜け落ちる

歯が大量に抜け落ちる夢
ポチ
23歳 女性 看護師
ある日、トイレとお風呂場の間にある洗面所で鏡を見ていた。すると、歯がグラグラすることに気づく。 まさか、と思い、手で触ってみると、慰安にも抜け落ちそうになっている。しばらくすると、奥歯から次々と、歯が抜け落ちてしまう。一本ずつだけではなく、3本一緒だったりする。抜け落ちた後は、虫歯のように黒くなっていた。 まだ23なのに歯が抜けるなんてどうしよう・・と不安と恐怖に押しつぶされそうになっている。 でも、親にはばれないようにと、スーパーの袋の中に、抜け落ちた歯を入れた。でも、次から次へと抜け落ちてしまう。血は出ているが、不思議と痛みはない。 また、どういうわけか分からないが、口の奥のほうから、 抜けた歯の塊のようなものがあふれ出てきて、それも袋の中にいれた。気づくとあっという間に、スーパーの袋は、抜けた歯でいっぱいになってしまった。 もうどうすればいいのか、と途方に暮れていると、次の瞬間、今までの事が嘘だったかのように、全て歯はもとどおりになっていた。「何だ、夢だったのか。」と安心したところで目が覚めた。

☆ 夢解釈No.007 ☆

- 今までの価値基準が大きく変動したことを表した夢 -

この夢を見ているとき、この文体からは想像もつかないほどの激しい感情体験があったことと思います。
無意識は無意味に激しい感情を意識に送り込むということはしないので、この夢を見た時期に、このような激しい感情をともなうようななんらかの心の変動が、あなたの中であったはずだと思うのです。
歯が抜ける夢は、単に、「老いることや力を失うことの恐れ」を表すこともあるようですが、この夢はそういう意味合いはないと思います。
ここでは、「従来の支えとなっていた価値基準の背景が抜け落ちた」ということを意味しているのだろうと思います。
≪すると、歯がグラグラすることに気づく≫というところは、いままでの幼い考え方や価値基準のままでいいのだろうか、という不安が現れているのかもしれません。奥歯は食べ物を噛み砕くために一番重要な歯ですから、≪奥歯から次々と、抜け落ちてしまう≫というのは、心の根底から、なんらかの古い価値基準が崩れてしまったことを意味します。そして、≪抜け落ちた後は、虫歯のように黒くなっていた≫といことから、従来の考え方はもう虫歯のように使い物にならなくなったことをうかがい知れます。おそらく、看護師という仕事にたいする姿勢が、この夢に関係しているのだと思います。
≪親にはばれないようにと、スーパーの袋の中に、抜け落ちた歯を入れた≫ということは、そんな心の変動は、親に対しては後ろめたく思っているのかもしれませんが、このような心の変動は、大人になるためには必要なことなのです。
≪口の奥のほうから、 抜けた歯の塊のようなものがあふれ出てきて≫というのは、ただ奥歯から次々と抜け落ちただけでは、そのときのあなたの心の変動を無意識は表しきれずに、このような表現をとったのでしょう。
そして、≪気づくとあっという間に、スーパーの袋は、抜けた歯でいっぱいになってしまった≫とあります。これは、「これだけの量の、いままでの古い考えや価値基準を失ったよ」ということです。ですがそれは、新しい価値判断を手に入れるためには必要な喪失なのです。
そうして途方にくれていると、≪次の瞬間、今までの事が嘘だったかのように、全て歯はもとどおりになっていた≫のです。もし、もうすでに新しい考えや価値判断を得ていなかったら、抜け落ちたまま途方にくれていたところで夢は終わっているはずです。まるで無意識は、「歯で象徴されているような古いものは捨てて、新しい心の姿勢で仕事と向き合うということができていますよ」というメッセージを送ってきているかようです。
この夢は、「なんらかの新しい価値観を得た代償に、いままであった価値観を失った」ことを表していると考えられます。
ですが、夢は象徴的に、「心の支えとしていた背景(価値基準)の喪失と再生」ということを表しているだけで、それがなんなのか具体的には語っていませんが、本人はそれがなんなのか、思い当たるふしがあるのかもしれません。
2007年02月23日