608.飛行機がぶつかる

■--(無題)
++ はち 女 33歳
学校のような建物の中で仕事をしているとき、突然上空に飛行機が見え、建物の上の部分を削り取っていくように飛行し、建物の一部が崩れ始めました。
あわてて崩れかかった階段を降り、一階まできたところで愛犬を連れてくるのを忘れたことに気づきました。崩れかかった建物内に戻ろうか悩んでいたところ、いつの間にかその愛犬が足元にいて、ひとまず愛犬を連れて建物から離れようと、建物に隣接していた広場に避難しました。
ところが、その広場では多くの人たちが建物に飛行機がぶつかったことを知らないかのように楽しく騒いでいるのです。その人ごみに入って行ったところで、目が覚めました。
よろしくお願いします。
.. 2/14(Sun) 20:31

++ 鈴木めいや
お手数ですが、このホームページでの夢解釈の依頼は何回目かという情報の記載もお願いします。
.. 2/11(Thu) 12:15

++ はち 女 33歳
すみません。1回目です。

☆ 夢解釈No.608 ☆
情報量があまりにも少ないですので、ここで行なう象徴性の憶測がどれだけ適当であるかは分かりませんが、夢の中の飛行機は、ご本人が持っている新しい計画や希望、冒険などに乗り出そうとするダイナミックな気持ちをあらわしている場合があります。
ですが、そんな心の働きによって、学校のような建物(ご本人が持っている一つの心理的な側面を象徴)が崩れ始めます。
なのでもしかしたら、夢の中のこの場面は、
「なにかのダイナミックな心の働きを機能させるためには、犠牲となる心の側面もあるよ」
と伝えているのかも知れませんね。
ですが、一緒に犠牲となっていたかも知れないと心配していた愛犬(やさしさや忠実さ、愛情などを象徴している)は、無事であったようです。
.. 2/ 6(Sat) 10:13

【返信レス】
-無し-