702.熊

■--熊の夢
++ risamaru
risamaru 女性 35歳、3回目の投稿です。
先日はありがとうございました。夢診断の結果通りというのか、すごく自分の中で変化と成長が出来る出来事がありました!
今日は、印象に残った夢なので、解釈お願いいたします。
夢の中で、不動産業者の営業マンに、都会の中にある場違いにも見えるような古くさいボロボロの家に案内されます。
「ここに住めというの?」とムッとしながら、門をくぐって入ると、そこは外からの見た目とは程遠い、美しい家と緑が溢れる広大な庭が広がる場所でした。
物件として案内されたはずが、中には沢山の動物や人がいて、クラシック音楽が聞こえてきたりして、パーティーのような感じです(人は西洋系の外国人の方が多い)。
しばらく美しさを堪能していると、大きな熊(白い熊)が現れました。
仁王立ちで現れた大きな熊を恐れて、皆、一目散に逃げて行きます。
私も木の陰にしゃがみ込み、隠れて様子を伺います。
すると、私の方へどんどん熊がやってきて、大きな足が見えた時に「もう終わりだ!」と死を覚悟するような感情が起きます。
ところが、その熊は私と目が合うと、大きな体で私をぐるっと囲み、優しく暖めてくれました。
その優しさに胸を打たれて涙が止まりませんでした。私を包んでくれている熊の体をなでました。
よくわからない夢ですが、とても印象的だったので、よろしくお願いいたします。
..11/29(Mon) 15:37

++ risamaru
すみません。補足させてください。
「都会の中」としてしまいましたが、きれいなビル、ショーウィンドウには最先端の物が飾られていたり、高価なジュエリーが飾られていたりする建物が立ち並ぶ、銀座や表参道のような風景です。そしてそのキレイなビルに挟まれて、場違いのような古くさい家があります。
よろしくお願いいたします。
..11/29(Mon) 15:44

☆ 夢解釈No.702 ☆
本来、心理学的に夢を解釈するためには夢に出てきたものごとに対する連想やご本人のタイプ、日常での心境などを考慮する必要があります。
ここではそのような情報がありませんので、簡単な解釈となってしまいますが、夢の中の町並みは、一般的に、ご本人と社会的な地域との関係性や、あるときの心理的な環境のようなものを象徴し、そんな中、これから住む可能性の高いボロボロの家に案内されます。
これは、おそらくご本人がこれまでに価値を低くおいたせいで目を向けてこなかった、古くからある何らかの心の一領域をあらわしているのだと思われますが、その心の領域の本当の価値は、門の中に入ってみて初めて分かります。
そこには、西洋系の外国人という社交的で発展的な人格の側面もいれば、動物という本能的・衝動的な心の要素の心像もあります。
そして、その正反対なふたつの側面があるこの心の領域は、クラシック音楽という情緒的な状況となっています。
そして、この家で暮らす(意識の基本的な領域とする)ということは、クマと言う恐ろしい本能的・衝動的な側面と向き合わなければならないようですが、実はそれは、この家を外から見たときと同じように、ただの偏見、あるいはただの自分勝手な思い込みに過ぎず、優しい生き物だと知り、胸を打たれます。
ボロボロだと思っていた家が実は素晴らしかったり、恐ろしいと思っていた白い熊が優しかったりと、この夢はまるで、
「いままで目を背けていた要素へ目を向けることの大切さ」
のようなものを教えてくれているかのようですね。
..12/ 1(Wed) 08:26

【返信レス】
-無し-