参考

834.虹色に光る龍

■--不思議な夢です
++ ママさん 女性 36才 初めて
六年ほど前の夢です。診断お願いします。
私は、二人目の子供がその頃なかなか出来なかった日々が続いていました。そんなある日、

一度目 夢の中で、空を見ていると大変綺麗な光が差して、そこから、大変綺麗な声で”貴方にもう少しで赤ちゃんが出来ますよ”と言われ飛び起きました。
すごく、インパクトがあり大変綺麗で今でも覚えています。

二度目 一度目より数ヶ月後にまた不思議な夢をみました。
見憶えのない神社に私はいました。神社の本堂らしき軒下に、ふと目をやると、軒下にはゴソゴソと動くものが、何だ?と思い近づくと、それは、蛇が沢山…普段は、蛇は苦手で叫ぶぐらいなのに、不思議と近づくと、一匹の大きな蛇が私に近づき
”私が、貴方の子供となります。大切に育てて下さい。そうすれば、生活には困りません”と言うのです。
その蛇は、怖いイメージはなく、大変綺麗でした。
そして、現実に一ヶ月もしないで、子供を授かりました。

三度目 今年の三月の夢です。実家にほど近い神社にお参りしている夢でした。いるのは、私と子供二人、敷地内の池に鯉がいるので、のぞいていると、そこから、虹色に光る物が、だんだん上に上がり池の外に上がって来た時には、何とも綺麗な龍が空に昇って行く姿でした。
夢の中で、こんな事は滅多にないと、手を合わせ触ってしまいました。それから、特に変化はないのですが、
特に信仰もないし、ついつい二人目の子供を見ると、夢を思い出し、何かすべき?と考えてしまいます。
どうぞ、診断をお願いします。
..10/ 2(Tue) 18:53

☆ 夢解釈No.834 ☆
はじめまして。
どれもとても元型的な印象の色濃い夢ですね。
この3つの夢は一見バラバラに見えますが、夢のモチーフという観点から見ると、それぞれしっかりとした関連性があり、それは夢の続きを見せているようなもので三つで一つのテーマがあるように感じられます。

一般的に夢の中の「空」や「上のほう」は、神様の領域というイメージを伴いやすく、より精神的な側面であると言えます
一方「地面」や「下のほう」は、より生理的かつ現実的で、日常的なイメージを持っています。
そしてこの夢では、空という父性的・精神的な側面から「赤ちゃんが出来ますよ」と言われます。
この天なる声の赤ちゃんと、実際に生まれてきた赤ちゃんとはどの程度関係あるかは難しいところですが、一般的には、夢の中の赤ちゃんは、ご本人がこれから育てるべき、何らかの幼い心的要素をあらわします。
なのでおそらく、現実にその赤ちゃんを育てるために必要な心の働きと関係がありそうです。

二度目の夢は、一度目の夢とは正反対の側面である、軒下(地面)というより現実的なイメージに焦点があたります。
そんな軒下に蛇(地面を這う者、ということからそれは女性的であり、無意識のエネルギーや英知、再生や治癒とも関係している)がいて、「私があなたの子どもとなります。大切に育てて下さい。そうすれば生活には困りません」と言います。

そして、三度目の夢では、いままで夢に見てきた二つの側面、つまり空(父性的で精神的な側面)と、地面(女性的で現実的な側面)という全く異なった世界観を結びつける「虹色に光る龍」があらわれ、天へと昇っていきます。

これはびっくりするほど元型的(本能的)な心像であり、この龍は、現実と精神の結合・調和と関係しているはずです。

この掲示板では文字数に限りがありますので、詳しい解釈は出来ませんでしたが、もう少しキチンと解釈してみたくなる夢ですね。
..10/ 3(Wed) 12:55

【返信レス】
++ ママさん
診断ありがとうございました。
多々不思議な夢は見るのですが、この三度の夢だけは、種類が違い気になっていました。
夢って奥深いですね。また、この続きの夢をいつか見れるかわかりませんが、少し楽しみになりました。ありがとうございました。
..10/ 3(Wed) 14:15