819.梟とその風

■--お昼にみた不思議な夢
++ 紅葉 女性 36才 初回
はじめまして、不思議な夢の鑑定お願いします。
朝からくしゃみ・鼻水がでて強い眠気があったので昼ご飯をすませ風邪薬を飲んで寝室で仮眠をとったときの起こされる直前の夢です。
時間帯は太陽の光がある時間(今思うと有り得ない事です)家の駐車場にいるとき、鳩のくぐもった声が聞こえていたかと思うと、家の前の公園から一羽の梟(真っ白ではないけど白みの強い)が飛んできて私のいることにきずいたのか分かりませんがスッと方向を変え山手の方に向かったと思っていたらまた向きを変え私の家の方へ飛んできて、私は庭のモミジの木に止まるのかなぁと見ていた所に私の顔の目の前に(私の中に消えた?)来てウワッと思ったところで起こされてしまいました。
怖いとか気持ち悪いとかは無く逆に羽の風が心地よかったように思います。
夢の前部分は覚えていないのに梟の所は鮮明に覚えていたのでどう言うことなのか鑑定宜しくお願いします。
.. 9/10(Mon) 22:51

☆ 夢解釈No.819 ☆
はじめまして。
わたし達は誰でも、普段は起きている時間帯に眠りにつくと、印象的で明瞭な夢を見やすいもです。
ここでは情報量が少ないですので、この夢の場合にも当てはまるかは分かりませんが、公園は、
「町中にいるあらゆる人々がいつでも気軽に集える場所」
と言うことから、夢の中の公園は、豊かな人間関係のイメージを持ち、心の様々な要素の集合的な側面(感性豊かな側面)を象徴していると思われ、それは時には、ユング派心理学でいうマンダラとも関係している場合もあります。

そんな心の側面から、一羽のフクロウ(無意識のあらゆる情報を持っているような知恵や直感的な本能の象徴)が飛んできて、目の前にやって来ます。
これは、フクロウで象徴している何らかの心的要素が、あなた(夢の中の自我意識)に急接近してきたことを意味し、その時のエモーショナルな胸の高鳴りは、「羽根の風」として表現されているように感じられます。

この夢は、ご本人の何らかの意識の側面(おそらく、私生活において感性や考え方が単一的になりやすい意識の側面)を補償し、意識に柔軟性を与えるような働きがあるのかも知れません。
.. 9/11(Tue) 00:55

【返信レス】
++ ++ 紅葉
鑑定ありがとうございます。 家の前の公園は光が強くていつも見えている桜の木などは見えませんでした。
フクロウは顔の周りがふわふわな白に近い羽で怖さは感じませんでした。
モミジの木は眩しいくらいの緑色でした。
.. 9/11(Tue) 23:20