参考

719.光の人

■--子供にお迎え
++ はる 28歳 女
はじめまして。恐ろしい夢を見たのでお願いします。
眠れない夜の明け方、うとうとしながら見た夢です。
宇宙船か飛行機の中、外に出られない状況で何人かの男女がいました。その中に少年と少女がいて、どうやら少女のほうがお姉ちゃんみたいです。
子供たちは病気にかかっていて、病気なのに外に出られないと言っていました。
子供たちの寝ているベッドの上に、なぜか私が子供たちの間に挟まって寝ていました。突然、人の形をした光が表れて、少女と少年を連れて行こうとします。
お迎えだと分かった私は子供たちを必死で抱き締めましたが、光の人は二人をすぅっと引き寄せました。その時、その二人は私の子供だという設定になっていました。
私は、子供たちがお迎えに連れて行かれる悲しさより、自分も連れて行かれるのではないかという恐怖でいっぱいになり、そこで目が覚めました。
目が覚めた後も、光の人がそこにいる気がして恐くて恐くて仕方ありませんでした。
夜があけるまで、お迎えの恐怖が心の中にありました。
私は独身で子供はいません。結婚や子供への願望もありません。また、病気をしているわけでもありません。
夢の少女は小学校高学年くらい、男の子は低学年くらいです。見たことのない子供でした。
不気味な夢だったのでよろしくお願いします。
.. 1/23(Sun) 14:49

☆ 夢解釈No.719 ☆
はじめまして。
「宇宙船か飛行機の中」という初めのこの場面の提示は、普段の日常的な世界観から、飛躍的に離れていくような心の状況と関係があり、そこには、何人かの男女(ご本人が無意識下に持っている様々な性格の側面や心の要素)と、少年と少女がいます。
この2人は、ご本人の心の中でこれから成長していくはずであった何らかの男性的な要素と、何らかの女性的な要素があらわされた心像だと思われますが、それは成長する前に、光の人に連れて行かれることとなってしまいます。
夢の中の光の人は、現実に、あなたを死に至らせる何かではなく、それはあくまでも、あなた(夢の中の自我)を乗っ取ろうとしているにすぎず、それは、普段のご本人らしいときの意識を乗っ取ろうという働きを持っていると考えられます。
その意味で、光の人は否定的ですが、それはおそらく、太古の昔から全人類が普遍的に持っている超越的な神に近いイメージだと思われます。
光の人は、「光の人」として表現するのが一番ピッタリな、無意識下に潜む感情や観念の光の複合体、のようなものをあらわしているのでしょう。
この夢は、
「宇宙船のように、飛躍的に現実から意識が離れてしまうような状況に陥ると、光の人に、普段の自分らしい意識の状態を乗っ取られる危険性があるぞ!」
という意味合いがあるのかも知れませんね。
.. 1/24(Mon) 21:01

【返信レス】
++ はる 28歳 女
ありがとうございました!
何度も読み返し、今の自分の状態に照らし合わせて考えてしまいました。この夢を見た時はちょうど、今のままの自分ではいけないと仕事のやり方の大きな変更を決断したのはいいが、その変更の実行があまりに困難であるので悩んでいました。
結構自分に無理をさせていたのでこんな夢を見たのかもしれません。もう少し、地に足をつけてじっくりと変更していこうと思います。
ありがとうございました。
.. 1/24(Mon) 23:49