831.電車のおじさんの名刺

■--(無題)
++ やすお 男 30歳 初めて
電車に乗っていたら、左隣に座っていた知らない60歳代のおじさんが、おにぎりと名刺をくれた。
私はおにぎりは断った。名刺には宗教団体の名前と月謝代263600円と書いてあった。電車にはふたりの私の弟も乗っていた。
.. 9/27(Thu) 21:04

☆ 夢解釈No.831 ☆
あなたは普段、「宗教」に対してどのような印象をお持ちでしょうか?
ここに記載頂いた短い文章からは、ご本人の個人的な心の側面(私生活での心境や心理学的な類型、夢に登場した物事に対して連想を広げる作業など)が全く分かりませんので、この夢の心理学的な解釈は難しいものがあります。
もし仮に、あなたは普段、宗教的なものに馴染みのない生活を送っており、日頃から、宗教に対してあまり良い印象がなく、夢の中の60代のおじさんが悪なる者のイメージを伴っていると仮定した場合、この夢は、
「否定的で元型的なの接近」
というテーマを持っています。
それは、電車という社会的な運命のレールの上で、無意識の悪い側面と対峙している様子をあらわしており、下手をするとその側面に染まってしまう危険性があることをこの夢は知らせていると考えることが出来ます。

ですが、もしあなたは神社などの宗教的なものに馴染みのある生活を送っている方だと仮定すると、夢の中のおじさんは、
セルフの元型的イメージの接近」
という良い意味を持つ夢である可能性をも出てきます。
.. 9/28(Fri) 13:28

【返信レス】
++ やすお 男 30歳 初めて
普段から宗教とは無縁でした。よいイメージもありませんね。診断ありがとうございました。
.. 9/28(Fri) 22:16