1082. 白と黒の絵合わせ

白と黒の絵合わせ?
yumi
2回目の鑑定依頼です。12/15金に1度目をお願いしました。
たて半分の左右が白と黒(どちらがどの色かは忘れました)のツルツルしていたような印象の板?石?の上に、同じたて半分の左右が白と黒の丸い石?板?を載せて、回転させて色が合わない、と言っていた気がします。しかし何回かやって色があったかもしれません。そこはよく覚えていないのですが、妙にその夢が印象的だったのと、いまは個人的な問題も、父親の倒れたこともあり、ちょっと気になったので、判断材料がひどく少ないことを承知で判断していただきたいと書き込みました。
自覚症状として、昨晩は早い時間からひどく眠く、疲れている印象でした。父親の容体が少し安定した印象なのと、話したり夕食を少しとれたこともありちょっとホッとした気持ちもありましたが、その夢を見る前?だと思うのですが、朝に起きたときに手足が冷えるような胸や食道にぐっとくるような不安感切迫感のようなものを感じ、それが父親のことか、彼のことか分からず、大丈夫大丈夫と言い聞かせてるときにうとうとしたようで見たのがいまの夢です。
夢の中では、周りが暗いのかなんなのか、その石版のようなものだけが浮かび上がって見えた印象も残ってます。あと複数人その場にいたような気もします。
彼は、その後の話を聞き、その気になる子の家に行ったりしている状況であることを、金曜の夜に聞きました。そのショックな状況で、今回の父の件もあり、いろいろ重なるのだなと思ってます。。
父のことを彼にも伝えましたが、大丈夫だよ、うまくいってよかったね、などLINEをくれるのですが、手術もうまく行き、ありがとうと伝えたときには、自分のおかげってわけではないんじゃない、と言うなど距離を取ろうとしているなぁと感じ、昨日もそれについては寂しく思っていたところです。

東京都38歳、女性
.. 2017年12月20日 (水) 10時03分

☆ 夢解釈No.1082 ☆

「タイプの表作成」の兼ね合いのため、返信が少し送れてしまい申し訳ありません。
この夢の場合にも当てはまるかは分かりませんが、夢のなかの白は、明白な意識性や純粋さ、浄化、光、あるいは知恵を象徴する場合もあります。
黒は、無意識性や悲しみ、罪などをあらわす場合があります。

そして今回は、たて半分の左右が白と黒の何かをのせて、回転させて合わせようとしている様子を夢に見ています。
基本的に、夢とは、無意識的に機能している連想の糸(思考機能)と情動から成り立っている考えられているのですが、この夢はとても感覚的であり、上記に挙げた象徴性に関係している何らかの感覚を、なんとかして合わせようとしている無意識の作業があらわれているのが、この夢ではないかと思われます。

>起きたときに手足が冷えるような胸や食道にぐっとくるような不安感切迫感のようなものを感じ、それが父親のことか、彼のことか分からず、大丈夫大丈夫と言い聞かせてるときにうとうとしたようで見たのがいまの夢です。

とのことですので、その時に考えていた何かの続きを、眠った後も無意識的に行なっており、それがこのような夢となったのかもしれません。

そして今回の問診チェックによると、yumi様は感情機能の次に感覚機能が優位と出ております。
何らかの対象に対して感覚的にしっくりきていないことが悩みの種なのかもしれず、幼い頃からの父との思い出か、あるいは彼のことで、白(純粋な要素)と黒(消したいような否定的な要素)は、どれがどれにあたるのか、感覚的に調節して記憶を整理し、なんとか悩みの種である感覚的な不一致を和らげようと、無意識は試みているのかも知れません。
感覚的なyumi様らしい夢のように思います。いかがでしょうか。
この度は、タイプの表作成の依頼を頂きまして、ありがとうございます。
.. 2017年12月23日 (土) 18時40分

【返信レス】
- 無し -